Japanese|English
  • 株式会社パソナが提供する、世界基準のハウスキーピングサービス。(国家戦略特別区域 外国人家事支援人材受入事業認定機関)

23区①

対象地区

足立区、葛飾区、江戸川区、墨田区、江東区、台東区、荒川区

 

担当スタッフ

23区担当スタッフ
23区担当スタッフ ジョナリン
23区担当スタッフ ロシエル
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ

 

スタッフの声

23区担当スタッフ
ジョナリン
Q:どうして日本で働こうと思ったのですか?
A:日本の四季にあこがれていました。それぞれの季節ごとに日本の美しい場所を見てみたいと思います。
この春は桜が見られて本当に感激しました!
 
Q:クラシニティのお仕事はいかがですか?
A:お掃除が大好きなので、お客様のお宅で汚れを見つけたらピカピカになるまできれいにして、きちんと整理整頓してさしあげたいです。
お客様に喜んでいただけて、それで得た収入を家族に届けることができる私は、本当に幸せ者です。
 
Q:将来の夢を教えてください。
A:フィリピンに帰ったら新しく子どもを授かりたいです。
海外で働くのもいいのですが、やっぱり家族一緒が一番。
どこか近くで働くにしても、自分で商売を始めるにしても、夫とお互い助け合いながら暮らしていく。
そんなささやかな日々を夢見ています。

23区担当スタッフ ロシエル
ロシエル
Q:どうして日本で働こうと思ったのですか?
A:日本は先進技術で有名ですし、ステキな観光地やおいしいご飯、文化、そして四季もすばらしい本当に憧れの国でした。
日本の空港に降り立った瞬間も、まだ夢が叶ったとは信じられなかったくらいです。
一生懸命働いてトレーニングを積んで日本にいる--。そんな自分自身を誇りに思います。

Q:お仕事ではどんなことを心がけていますか?
A:決められた時間内に質の高いサービスをお届けできるよう、常にプロ意識とお客様への愛を持ってお掃除しています。
ただ、お客様からもたくさん愛をいただいています。
私の日本語がまだまだなので、私のジェスチャーをいつも理解しようとしてくださり、本当にありがたいです。

Q:日本語の勉強もがんばっていますね。
A:はい。正直、仕事と勉強を両立させるのは大変ですが、これはすべて自分のため。
クラシニティは私たちのハウスキーピングスキルを、もう一段高いレベルに引き上げてくれると信じています。
日本語も私たちの将来をよりよく変えてくれると思っています。


23区担当スタッフ ロメラ
ロシエル
Q:日本に来る前はどこで働いていましたか?
A:ハウスキーパーとしてマカオと香港でそれぞれ1年ずつ働きました。
その前は7年ほど介護士をしていました。

Q:実際にクラシニティで働いてみていかがですか?
A:日本はさすがハイテクの国ですね。いろいろな家電に初めは戸惑いましたが、今では自信を持って使えるようになりました。
それと電車に乗る時も、初めより安いルートを探せるようになったんですよ(笑)。

Q:サービスの際に気をつけていることは?
A:きれいに仕上げることはもちろん、お客様のリクエストを時間内にすべて終わらせることを心がけています。
日本語のスキルもだいぶ上がって、今ではお客様のおっしゃることがほとんど理解できるようになりました。

Q:今後の抱負を聞かせてください。
A:フィリピンでは日本で働きたいと思っている人がたくさんいます。
そんな中で採用してもらえた私は本当にラッキーです! これからも常にお客様に満足していただけるよう、がんばります。