Japanese|English
  • 株式会社パソナが提供する、世界基準のハウスキーピングサービス。(国家戦略特別区域 外国人家事支援人材受入事業認定機関)

23区②

対象地区

文京区、千代田区、中央区

 

担当スタッフ

23区担当スタッフ
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ

 

スタッフの声

23区担当スタッフ
エリザベス
Q:日本に来る前はどこで働いていましたか?
A:台湾の電機メーカーで6年ほど働いた後、ハウスキーパーとして3年3ヶ月、ポーランドで働きました。

Q:どうしてクラシニティで働こうと思ったのですか?
A:私のキャリアを生かして、家事で困っている日本の方たちの力になりたいと思ったのが大きいです。
「美しい国・日本」に行ってみたいという気持ちもありました。実際に採用していただけて、言葉にできないほどうれしいです。
このプロジェクトに参加していることを誇りに思っています。

Q:働いてみて印象に残ったことはありますか?
A:日本語は難しいです。でも勉強中ですし、お客様とはなるべく日本語で話すようにしているのですが、あるときお客様も英語で一生懸命話しかけてくださることがありました。
お互いつたない者同士、笑ってしまったのですが、そんなお客様の心づかいが本当にうれしくて……。日本で働けて本当に幸せです!


23区担当スタッフ
ミランダ
Q:クラシニティでのお仕事はいかがですか?
A:クラシニティでの仕事は私にとって「挑戦」。高いクオリティで毎回サービスするのが私の務めです。
ただ、繰り返しお伺いしているうちに慣れてきてしまうので、毎回新しい課題を見つけて、さらにクオリティを上げるよう工夫しているつもりです。

Q:どうして日本で働きたかったのですか?
A:日本は街並みがどこも美しいし、礼儀正しい国民性と聞いていたので憧れていました。
実際、オフィススタッフはとても親切で、いつも私たちの立場に立ってアドバイスをくれます。
彼らのサポートは的確で、仕事をする上でたくさんのインスピレーションをいただいています。

Q:今後の目標を教えてください。
A:今はゆるぎない自信をつけるため、様々な経験を積んでいるところです。
いつか“Sensei”(スタッフの指導役)になれたらうれしいです!