Japanese|English
  • 株式会社パソナが提供する、世界基準のハウスキーピングサービス。(国家戦略特別区域 外国人家事支援人材受入事業認定機関)

23区⑥

対象地区

世田谷区、渋谷区

 

担当スタッフ

23区担当スタッフ
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ
23区担当スタッフ

 

23区担当スタッフ

 

スタッフの声

23区担当スタッフ
レテシア
Q:どうして日本で働こうと思ったのですか?
A:日本で働くのは私にとって「挑戦」です。
高いキャリアを積みたいという思いと、家族により素晴らしい未来を与えるために日本に来ました。
日本のように美しい国で生活できて感謝しています。私だけでなく家族も本当に幸せです。

Q:クラシニティでのお仕事はどうですか?
A:前に働いていた国では自分のペースでお掃除していたので、初めのころは「たった2時間で全部きれいにできるの?」と自信がなかったです。
でもだんだん慣れてきて、今ではお客様の要望をすべてクリアできるようになりました。
時には難しいリクエストもありますが、私のスキルを伸ばすチャンスと前向きに取り組んでいます。

Q:将来の夢を教えてください。
A:先の事はまだ考えられません。今はただ、日本での生活を楽しみ、仕事に集中しています。
この仕事が大好きで誇りをもっていますし、日本で得ているすべてのことに満足しています。
もっと長く働けるチャンスがあれば、喜んで受け入れたいと思っています。


23区担当スタッフ
エバー
Q:どうして日本で働こうと思ったのですか?
A:2年間アブダビで働いたのですが、もっと自分のハウスキーピングスキルをレベルアップさせるために日本に来ました。

Q:仕事で心がけていることは?
A:お客様が驚くほど、お宅ををピッカピカにしてさし上げたいです。
私も、散らかっていたり汚れているところをきれいにすると、「やったぁ!」と思います。
ただ、時間のコントロールはまだまだ課題。サービスのスピードアップや、移動時間を意識して行動するようがんばります。

Q:お仕事に対してとても前向きですね。
A:ありがとうございます。ハウスキーピングは天職だと思っています。
ですから日本に住み続けてクラシニティでずっと働きたいです。
休日も欠かさず日本語の勉強をしていて、少しずつ吸収しているところです。