Japanese|English
  • 株式会社パソナが提供する、世界基準のハウスキーピングサービス。(国家戦略特別区域 外国人家事支援人材受入事業認定機関)

【よくあるご質問Q&A】ハウスキーパーを直接雇う場合とクラシニティのハウスキーパーとでは何が違うの?

  • 2018年11月5日

Q.ハウスキーパーを直接雇う場合とクラシニティのハウスキーパーとでは何が違うの?

A.直接雇う場合は、雇用主であるお客様が直接ハウスキーパーと契約を交わし、業務形態や報酬などを交渉し、勤怠管理や業務指示、お掃除の仕方などを直接指示をする方法です。

アクシデントやトラブルが起きた時も、雇用主とハウスキーパーの間での話し合いとなるため交渉がスムーズにいかない場合があります。また、もしもの場合に備えてハウスキーパーが個人で損害保険などに加入しているかなども確認する必要があります。

海外では、直接雇用が主流ですが、お掃除の手間はなくなったがハウスキーパーの管理が大変だという声もよく聞きます。

しかし、クラシニティでは、ハウスキーパーは全員パソナの社員であるために、お掃除を依頼するお客様とパソナとの契約となり、業務指示やお掃除のやり方などはお客様からパソナが指示を受け、パソナが責任をもってハウスキーパーにわかりやすく指示をだします。またトラブルやアクシンデントがあった際もパソナが責任をもって対応いたします。

ハウスキーパーをマネジメントする煩わしさがなく、また、人材育成のパイオニアでもあるパソナならではの充実した研修制度で、どのスタッフでも安定したプロのお掃除を提供することが可能です。

直接、ハウスキーパーの管理や指導をしなくても良いので、お客様が不在でも安定したお掃除が可能であり、お客様はその時間をお仕事や子育て、趣味など自分の時間として楽しむことができるのです。