Japanese|English
  • 株式会社パソナが提供する、世界基準のハウスキーピングサービス。(国家戦略特別区域 外国人家事支援人材受入事業認定機関)

あなたを時給換算すると?

  • 2018年11月9日

「あなたを時給換算すると?」

2016年の第3次安倍内閣発足時の基本方針としてうちだされた「働き方改革。「 一億総活躍社会の実現に向けた最大のチャレンジ 」と位置付け、多様な働き方を可能とする社会を目指し、長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現など、労働制度の大胆な改革を進めることを推進してきました。

それに伴い、多くの人が、自身の会社の企業文化、それぞれのライフスタイル、働くということに対する考え方を見直すきっかけになったのでないでしょうか?
個々の意思や能力、子育てや介護など個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を選択することができる社会の実現を目指し、それぞれに合ったワーク・ライフ・バランスの実現、そして生産性の向上を図っていく動きが加速しています。

その働き方の一つとして「起業」が挙げれらます。
特に子育てや介護、ご主人の転勤などライフステージにより働き方を変えざるえない場合がある女性にとって、自分にあった働き方ができる「起業」は、多くの女性にとって新しい働き方として受け入れられてきました。

ただ、起業となると全てが自己責任となります。費用対効果が強く求められ自分の価値が問われます。「お金を得る」という概念が必須となり、事業を存続させるために、自分がいくら稼がなければいけないのか、そのためには何が必要なのかという意識が必要です。「時間」に関しても、自分を自給換算し行動に見合った売り上げを立てようと常に意識が働くようになります。

実は、女性起業家が家事代行を使う理由で一番多いのが、「自分が2時間働けばいくら。であれば、クラシニティの家事代行を使ったほうが効率がいい。その2時間で○○をしたい」と、自分の2時間の使い道が明確に決まっています。

自分を時給換算するといくらなのか?という基準を知っていると、例えば、タクシーに乗ったほうがいいかなど考える時もとても便利です。○○を使った時に得られる時間や効果を金額で考えられるようになり、自分にとってどのサービスを使ったほうが効率的なのか選ぶ基準となります。(もちろん、今勉強中の方はそれを活かし未来に得られるであろう報酬額、また専業主婦の方は例えば子供の教育など自分でした場合の塾代などと比べて想像してみると良いでしょう)

あなたにとって、家事代行の1時間(2500円〜)の値段は、お得ですか?

また、パソナでは、さらに輝きたい女性起業家のために、自分を磨き互いに高めあう女性が集う「LBA Salon」を開催しています。
ネットワーク、事業リソース支援、また交流を通じて新たな出会い、新たなスタートなどさらに輝くためのきっかけとなる場と機会をサポートしております。

LBA オープンSalonとして11月14日(水) 19:00~から、「働く女性に贈る“人生と仕事”トークイベント」を開催いたします。どなたでも参加できます。この機会に、女性が働き続けていくことをテーマに「人生と仕事」についての迷いや問いを一緒に語らいませんか?
詳細はこちら