Japanese|English
  • 株式会社パソナが提供する、世界基準のハウスキーピングサービス。(国家戦略特別区域 外国人家事支援人材受入事業認定機関)

教えてクラシニティ!家事を分担しているのに奥様の機嫌が悪いのはなぜ ?

  • 2019年5月23日

先日投稿した「見えない家事リスト全162項目!!」ですが、実はこの家事の可視化の次に大切なことは、家事の優先順位をつけること

よく、ご主人から「自分は家事をやっているのに、奥様が納得がいかずいつも不機嫌そう・・・、家事を手伝っているのに文句ばかり言われてしまう・・・」という声をききますが、それはこの優先順位がお互いに一致していないからなのです。

 

以前、ママスタセレクトが発表した家事分布表。(記事はこちら 

育休復帰し家事と仕事の両立に疲れ、ご主人に怒りをぶつけた奥様にかえったきたのはご主人の「俺、けっこう分担できてると思うんだけど・・・」という言葉でした。

そこで奥様は家事分布表を作成して、ご主人につきつけたところ、ご主人はぐうの音も出なかったそうです。

ご主人にとって家事をやってるつもりであったけれど、家庭での家事の優先順位がわからず、目の前の家事や自分がやりやすい家事をこなしていたことが、奥様には伝わっておらず、家事を分担しているとはみなされていませんでした。

このように家族にとっての家事の優先順位はそれぞれの家庭ごとに違います

あなたの家のハウスルールを話し合い、優先順位を決め、できることは自分たちで、また優先順位が低いものや自分たちでやれない家事はアウトソーシングし、快適な生活を維持する仕組みを構築することがとても大切です。

これは、家事代行サービスを利用を検討している場合も同じです。家事代行を利用することにご主人の理解が得られないという場合、このハウスルールを家族で話し合い、優先順位が低いと思われる家事を誰がやるか、またやらないことにご家族が賛成してくれるかを話し合うとよいでしょう。

この機会に、あなたの家のハウスルールを家族で見直してみませんか?