Japanese|English
  • 株式会社パソナが提供する、世界基準のハウスキーピングサービス。(国家戦略特別区域 外国人家事支援人材受入事業認定機関)

子育ても仕事も諦めない!ママが楽しんで働ける社会を作りたい

高田 麻衣子 様
お名前 高田 麻衣子 様
職業 会社経営
お住まい 神奈川県
クラシニティ歴 2年
オクシイ株式会社 代表取締役
託児所付きシェアオフィス「マフィス」を立ち上げ、仕事と育児を両立できる環境作りを促進。
この他、ママ向けのジョブマッチングなど幅広く活躍。
https://www.maffice.com/

 

Q.クラシニティを始めたきっかけを教えてください。

導入事例
仕事をしながら家事や子育てをしてきたので、家事代行、ベビーシッターを使うことに抵抗はなく、これまでも何社か使ってきました。
ただ、同じ会社でも人によってレベルの差がありうまく指示が伝わらなかったり、会社によってサービス後のレビューが必須となっているところもあり、家の中をお願いしている人に悪い評価をつけることができず、口コミに信憑性がないと感じてしまい、業者を探すことが面倒になっていました。
 
そんな時にお友達に紹介され使ってみたのがクラシニティでした。
国家戦略特区の事業と聞き、また、フィリピンでハウスキーパーさんは国家資格であり、プロとして活躍して研修もしっかり受けていると聞き、事業、運営会社、スタッフのどれをとっても安心感がありました。

Q.今のサービス内容はいかがですか?

会社を経営しているので平日はなかなか家事をする時間がなく、土日にまとめて掃除をしていたので、1日がつぶれてしまうこともありました。
その間は子供達だけであそんでいるので綺麗にしてもその側から汚されていきストレスが溜まっていました。

今は、毎週金曜日にクラシニティに来てもらい、綺麗な部屋で土日を迎えることができています。
土曜の午前中はヨガに行ったり、子供達の勉強をみたり、一緒に仕事をしたり、読書などインプットの時間を取ることができます。
午後は、子供達と一緒に何かをする時間が増え、いろいろなところへ出掛けることができるようになりました。
美術館や綺麗な風景を見たり、子供達に沢山の感性を持ってもらいたいので、感性に刺激を与える環境へ出かけることが多いですね。

高田 麻衣子 様

Q.スタッフの仕事ぶりにはご満足いただけていますか?

導入例
最初のころ、夏場にベットメイキングをお願いしたところ、タオルケットがフラットシーツのようにセッティングされ、子供達がその上で寝てしまい戸惑ったことがありました。
しかし、海外ではそのようにセッティングされていることもあると聞き、海外のベットメイキング方法を知るきっかけとなりました。

いまではその方法のほうが気持ちよくてそれでお願いしています。
また、基本的には不在時にお掃除をお願いしているのですが、お掃除してもらった日に帰るとスタッフのホスピタリティ溢れる優しい気持ちがお部屋のあちこちに感じられ、とても清々しく疲れが吹き飛びます。

Q.クラシニティをはじめて、ご家族はどう思われていますか?

最初は、家に外国人がくることに驚いていた子供達でしたが、スタッフが来る前日は「明日はアネリン(スタッフ)が来る日だね!」と言って、楽しみにしている様子です。私も仕事で不在にすることが多いので、家に子供達だけでいることもありましたが、スタッフのことをお姉さんのように慕っていて、家に信頼できる誰かがいてくれるという安心感は大きいようです。

また、今まで親がしていて当たり前だと思っていたお掃除が、実はお金がかかるものだということに気づいたようです。
自分が大人になったときに、お掃除を人に頼むためには、お金を稼ぐことが必要だ、もしそれができなければ自分でやらなくてはいけない、また夢を叶えるために苦手なことをアウトソーシングするという概念を学び、夢を叶える方法、またお金がまわるという経済観念を今から学んで欲しいと思っています。

導入例

Q.これからクラシニティを始めようとする方にメッセージをお願いします。

働きながら子供を育てるということは容易ではありません。
子供を育てていくにも安定した子育て環境が必要、そのためには、安定した仕事も必要。
仕事か子育てか、と選ぶのではなくどちらも叶える方法をずっと考えてきました。
また、素晴らしいキャリアを築いてきたにもかかわらず、子供ができて両立が難しくなり仕事を諦めざるを得ない方も多く見てきました。

そんな問題解決の一つとして託児付きシェアオフィス「Maffice」を開設し、子育てしながらも多様な働き方を追求する人々をサポートすることに尽力しています。
今後は場だけではなく子育て女性が無理なくキャリアを活かせるマッチング事業にも本腰を入れていく予定です。

フルタイムとしてバリバリ働く形だけではなく、多様な働き方を提供していくことで、育児も仕事も楽しめるママをもっと増やしていきたいです。自分が働きやすいペースをつかむことで、子育てにも十分な力を発揮でき、子供達の成長や変化を見逃さず、子育てと仕事の両立が叶えられると思っています。
私は、お掃除はアウトソーシングしても、今しかできない子育ては絶対に自分でしたいので、家事はクラシニティにお任せし、その分子供達と一緒に過ごす時間にあてています。

自分の優先順位を見直し、人生において何を大切にしていきたいかを考えていくことが大事だと考えます。
今度も「働きたいと思うママが楽しんで働ける社会を作りたい」をミッションに仕事も子育ても全力投球していきますので、そのためにもクラシニティはなくてはならないものですね!