Japanese|English
  • 株式会社パソナが提供する、世界基準のハウスキーピングサービス。(国家戦略特別区域 外国人家事支援人材受入事業認定機関)

横浜市

対象地区

川崎区、磯子区、金沢区、戸塚区、泉区、瀬谷区のぞく

 

担当スタッフ

横浜市担当スタッフ
横浜市担当スタッフ
横浜市担当スタッフ
横浜市担当スタッフ
横浜市担当スタッフ
横浜市担当スタッフ

 

スタッフの声

西東京スタッフ
マリル
Q:日本に来る前はどこで働いていましたか?
A:香港で約1年、ドバイで約2年働いてから日本に来ました。

Q:日本で働こうと思ったのは?
A:私自身と家族がより良い人生を送るためです。日本で働くことは、私たち家族にとって大きな支えとなっています。
ハウスキーピングの仕事が大好きなので、好きな仕事でお金を得て、それを愛する家族に届けられて本当に幸せです。
サービスを通じてお客様のお役に立ちたいと思っています。

Q:休日は何をしていますか?
A:フィリピンの家族に電話することが多いですね。声を聞くとホッとします。
あとは同僚と近所に出かけるくらいです。

Q:クラシニティ後の目標を教えてください。
A:まずはフィリピンの家族のもとに帰りたいです。落ち着いたら自分でビジネスを始めようと思います。
でもベストは、クラシニティで契約を更新して働き続けること。そんなチャンスが来るのを願っています。


西東京スタッフ
シーラ
Q:日本に来る前はどこで働いていましたか?
A:アブダビで2年と、カタールで5ヶ月間働いてきました。

Q:クラシニティで働いてみていかがですか?
A:日本で働くことは、私の“bucket list”(一生のうちにやりたいことリスト)のひとつでした。
それが叶って本当に幸せです。私のサービスを通じて、お客様に真心を伝えられたらうれしいです。

Q:日本にきて気づいたことがあれば教えてください。
A:日本語は本当に奥が深いですね。お客様と話していると、単なる言葉の翻訳だけではわからない、細かいご要望が隠れていることがあります。
日本人の細やかさを発見できて、とても勉強になります。

Q:将来の目標はなんですか?
A:クラシニティとの契約が終わったとしても、ここで得たホスピタリティを生かしてホテルや客船乗務員として働けたら、と思っています。
ただ、今はとにかく、日々のお仕事に集中し前向きに取り組むだけです。いつかスーパーバイザーになれるよう、がんばります!


西東京スタッフ
ジェニー
Q:日本に来る前はどこで働いていましたか?
A:香港で2年、カナダで3年ハウスキーパーをしていました。

Q:日本へは2回目の来日とか。
A:10年前に技能実習生として1年働きました。そのときに身につけた礼儀正しさや規律を守る姿勢は私の財産。
他の国で働くときも役に立ちました。

Q:実際にクラシニティで働いてどうですか?
A:いろいろな街に出かけるので、毎日「探検」しているみたいです。いつもドキドキするのが電車の乗り換え。
1日2、3件のお客様を担当していますので、次のお宅に間に合うよう、いつもスマホのナビを見ながら、電車が混んでないよう祈りながら(笑)走っています。

Q:サービスの際に心がけていることは?
A:時間内にすべてのサービスを終えられるよう、1分1分を大切にしています。
お客様はお忙しい方ばかりなので、私がお掃除した部屋で気持ちよく過ごしていただけたらうれしいです。
お客様のために、そしてフィリピンに残してきた家族のためにも頑張ります。